ラメラエッセンスCで効果が感じられないという口コミを検証してみました

エステ専用の化粧品メーカーと、東京理科大学発ベンチャー企業が共同で開発したラメラエッセンスC!

 

使用することでシワやくすみ、乾燥などのお肌トラブルにアプローチできる画期的な美容液で、口コミでも良い評価がたくさんUPされています。

 

ただ、いくつかの悪い口コミもあり、効果が本当に実感できるのか気になるところ…。

 

今回は、ラメラエッセンスCの悪い口コミをチェックし、実際に使用してみて美肌効果が得られるのかを実験してみました。

 

ラメラエッセンスCにはこんな悪い口コミが…

誕生してから多くの人がラメラエッセンスCを使用したため、効果を感じられなかった人がいるのも自然なことかもしれません。

 

効果がないという口コミをチェックしてみると、こんな報告がUPされていました。

 

美容液を切らしてしまったので、母愛用のラメラエッセンスCを使ってみたのですが、特に変化はありませんでした

多分、まだ20代前半で深刻なお肌トラブルがなかったからかもしれません。

 

使用して2週間ですが、シミやくすみへの効果は感じられません

生フェースコラーゲンと言う配合成分は、フェイスラインのリフトアップ効果のみなのかな…?

 

使用感はとても良く、浸透度が高いのですが、すぐにつっぱりを感じてしまいます

目安量よりも多く塗らないと保湿効果が持続しないので、コスパが悪くなってしまうし余計にお金がかかりそうです。

 

ラメラエッセンスCの悪い口コミを分析!

悪い口コミを分析してみると、ラメラエッセンスCは美白よりもシワやたるみに特化した美容液であること、保湿効果が弱いというウィークポイントがあるんですね。

 

これらのデメリットを改善するためには、併用するスキンケア商品を美白専用に変えたり、化粧水やクリームを多めに使うことで解決できるのではないかとも思います。

 

ラメラエッセンスCに効果ナシ!?使用してわかったこと

悪い口コミを参考に、使い方を工夫してラメラエッセンスCでケアをしてみました。

 

わたしがポイントをおいたのは、美白化粧品との併用・化粧水をたっぷり・クリームでフタをするステップ。

 

ラメラエッセンスCはあくまで美容液で、美容液は蒸発しやすい性質を持つんです。

 

オールインワンのような機能はないため、使い方に工夫が必要かもしれませんが、フタをするスキンケアを習慣にすると、長時間のうるおい効果を実感できました。

 

ただ、化粧水をたっぷり塗り、クリームでフタをするスキンケアではツッパリや乾燥を感じなかったため、試す価値はあると思いました。

 

シミへの効果に即効性はなかったものの、3週間くらいでお肌が明るく整ったので、美白専用の化粧品をプラスすると効果が高まるのでは、と思っています。

 

おわりに

ラメラエッセンスCの効果ナシという口コミは、使い方で改善できることが判明!

 

今までの使い方を見直したり、プラスする化粧品を美白専用に変えて、ラメラエッセンスCの美肌効果を発揮できるかと思います。

 

⇒ リポコラージュラメラエッセンスCの口コミ・使用感・効果のまとめ


ラメラエッセンスの気になる詳細はこちら

リポコラージュラメラエッセンスの口コミと格安で購入

関連ページ

定期購入を実際に解約してみた
最安値でリポコラージュラメラエッセンスCを購入するなら定期購入がおすすめですが、解約はどうしたら良いのでしょうか?解約についてはどんな方法で受け付けているのか、オペレーターはどんな対応をしてくれるのか、解約時の注意点もまとめています。
効果的な正しい使い方を徹底検証
アンチエイジングに効果的??
リポコラージュラメラエッセンスCによるアンチエイジングの効果について、実際に検証しています。使用することで実感できるポイントから、肌の透明感アップの現れ方について、そしてリポコラージュラメラエッセンスCのアンチエイジング効果は本当なのかをまとめています。
エステから生まれた効果
リポコラージュラメラエッセンスCは美容のプロにも認められているのですが、それはなぜでしょうか?実はエステ事業を行っていたある会社が作っているため、リポコラージュラメラエッセンスCにはエステの技術が取り入れられています。特徴的な効果にも注目しましょう。
敏感肌で使う方法 簡単スキンケア
リポコラージュラメラエッセンスCを敏感肌で使うことは出来るのでしょうか?バリア機能が低下している状態でも使用できるリポコラージュラメラエッセンスCについて、正しい使い方を詳しく解説しています。ぜひチェックして、スキンケアを工夫してみませんか?
乾燥肌や敏感肌の方に効果があるのか試してみました
なぜ危険と言われるのか?本当の評判とは