ラメラエッセンスCで言われているラメラ構造とは一体どんなものなのか調査した件

ラメラエッセンスCの大きな魅力ポイントは、一般的なスキンケア商品ではなかなかケアができない、ラメラ構造を整える効果があるところですよね。

 

メディアなどでも良く目にしたり、耳にするラメラ構造とは、意外にも多くの女性がそのメカニズムを知らないことが判明しているんです。

 

今回は、ラメラ構造がそもそもどんなものなのか、ラメラエッセンスCは、このパーツにどんなアプローチをするのか解説したいと思います。

 

ラメラ構造とは??

興味深いラメラ構造とは、お肌の一番上にある角質層の状態のことをいいます。わたしたちの角質層は厚さが0.02mm程度で、サランラップと同じくらいの薄さ。

 

この薄い角質は、水分と油分がミルフィーユのような状態になって、重なりあい、層状になっています。この数は1500層にも及びます。

 

水と油は混ざり合わないので、お肌の上で交互に重なった状態となっています。ラメラ構造には、外部からの刺激からお肌をガードする役割があります。

 

そのため、この皮膚の構造が乱れていると、紫外線や外部の刺激、摩擦などを受けやすくなり、シミや肌荒れ、シワができやすくなってしまいます。

 

わたしたちのお肌を年齢不詳な美肌に変えるためには、ラメラ構造を守りながら良い状態をキープすることが大切なのです。

 

ラメラエッセンスCはラメラ構造にどんなアプローチをするの?

ラメラ構造を健やかに保つことが美肌の秘訣であることがわかりましたね。では、ラメラエッセンスCでどんな風にラメラ構造を整えていくのか、メカニズムに迫ってみましょう!

 

リン脂質

ラメラエッセンスCの主成分である、フェース生コラーゲンは、お肌と同じリン脂質という成分がたっぷり含まれています。

 

このリン脂質が、ラメラ構造を健やかに保つための水分と油分のバランスを取り、ミルフィーユのカタチをキレイに維持することで、トラブルに強い肌質へと導いてくれます。

 

高い浸透度

ラメラエッセンスCの主成分、フェース生コラーゲンは、テクスチャーがやわらかく、お肌にのせるとあっという間に角質層から細胞にまで浸透できる性質を持ちます。

 

ラメラエッセンスC1滴にフェース生コラーゲンが1800億個も入っているため、ラメラ構造はもちろん、お肌に必要な弾力をしっかり与えてくれます。

 

ラメラエッセンスCがラメラ構造にアプローチできるのは、フェース生コラーゲンだけが持つ特別な性質のおかげなんですね。

 

おわりに

ラメラエッセンスCは、使うたびに美肌の秘訣となるラメラ構造を整える美容液。ワンランク上の美肌を目指して、これからはラメラ構造に着目したスキンケアを心がけたいと思います。

 

⇒ リポコラージュラメラエッセンスCの口コミ・使用感・効果のまとめ


ラメラエッセンスの気になる詳細はこちら

リポコラージュラメラエッセンスの口コミと格安で購入